日頃から、肌が荒れる、じゅくじゅくするという肌荒れを気にしている方は多いはずです。さて、アトピーという診断を病院で受けた方も多いはずです。アトピー患者も年々増加しております。その影響は、環境悪化と言われております。自動車の排気ガス、工場から出る煙や汚染、公害問題は今も続いているところがあります。その最大の被害者は、小さな子どもなはずです。その理由は、背が低いことや、煙や汚染に触れる可能性も高いことや、さらに免疫が備わっていないという見解が出来ます。

さて今回は、肌のバリア機能でアトピーのケアとなっております。肌のバリア機能を充実させることにより、外界からの刺激をシャットダウンするのです。具体的には、肌の表面である表皮で守るのです。もちろん、肌が荒れていると、表皮から真皮、皮下組織と刺激が入り込んでしまう原因となりますので、身体に影響することも分かるはずです。

このことから、表皮のバリア機能が正常に動いていると身体は正常に働き、正常に成長していけるのです。表皮の肌の触れる部分が、皮脂膜があり、内部に角質層が続きます。バリア機能がうまく働いていないと、ここから入り込んでくることになるのです。それでは、今回の目的でもあるバリア機能を充実させ、アトピーのケアが出来るように、皆さんが生活を有意義に過ごせるように道しるべをお伝えしていきます。なお、バリア機能が充実したから、解決という訳ではないのです。排気ガスのように環境が悪化すると自然とバリア機能は崩壊することは心に留めておいて欲しいです。