肌のバリア機能でアトピーのケア

肌のバリア機能でアトピーのケアをしよう

月別: 11月 2016

バリア機能と清掃

バリア機能を保つことによりアトピーのケアになるのです。当然ではありますが、肌の具合もいいと自然と自信もついてきて、さらに心地よく就寝することも出来るのです。痒い痒いと身体をかかずに、血を出さずにすむのです。さて、今回はバリア機能と掃除という題名にしました。アトピーのケアに掃除が大事なのかと疑問に思う方もいるはずです。

しかし、甘くないのです。先の所でも話があったように、ハウスダストやダニで家庭の汚れが舞っているのです。そこで、家庭のぬいぐるみもそうなのです。枕元にぬいぐるみを捨てたら体調が良くなったという事例もあるのです。さらに、ネックレスや指輪も金属反応する方もいますので、身体に影響を与える場合もあるのです。このことから、掃除に対して力を入れることが重要であるのです。

このことから、寝室の掃除、布団や寝具の掃除も重要と思われます。ダニを気にして毎日布団を掃除をしている人もいるのです。さらに、靴箱や畳、キッチンも掃除を細やかにすることにより、やがてはアトピーのケアになり、最終的にはバリア機能の確保にもなるのです。特に、梅雨のシーズンはカビが発生するものです。さらに、換気をすることも忘れずに行うことも必要です。

バリア機能の効能

アトピーのケアには、バリア機能が大事というのは理解したはずです。そのバリア機能について、今回解説します。何から守るかといいますと、アレルゲンや微生物になります。これは、普段生活していればハウスダストやダニとの接触は普通なことです。しかし、普通だから放置しておいても大丈夫という訳でもなく、当然咳が止まらなくなったり、体調を崩す原因にもなるのです。

このことから、普段から清潔にしておくことの重要性があります。さらに、家庭用の殺虫剤や化粧品、洗剤という物も体を蝕む要因と昨今言われているのです。このことから、洗濯の柔軟材も界面活性剤の影響を受けて肌が荒れるという事態も報告されています。特にアトピーを心配されている方は、是非家庭には持ち込まないことをお薦めします。

このことから肌のバリア機能は表皮にあり、皮脂膜と角質層と続くのです。そこで、皮脂膜で止めておくために、普段から清掃美化が当然のこととなるのです。さらに、着る服では綿中心で着ることを推奨します。また、日頃から洗濯物を使い終わったらすぐに洗濯し、アレルギーが気になる季節は室内干しもお薦めです。さらに、食べ物でも身体に刺激のないものを取り入れ、身体の調子を整えバリア機能を保ちます。

アトピーとバリア機能

日頃から、肌が荒れる、じゅくじゅくするという肌荒れを気にしている方は多いはずです。さて、アトピーという診断を病院で受けた方も多いはずです。アトピー患者も年々増加しております。その影響は、環境悪化と言われております。自動車の排気ガス、工場から出る煙や汚染、公害問題は今も続いているところがあります。その最大の被害者は、小さな子どもなはずです。その理由は、背が低いことや、煙や汚染に触れる可能性も高いことや、さらに免疫が備わっていないという見解が出来ます。

さて今回は、肌のバリア機能でアトピーのケアとなっております。肌のバリア機能を充実させることにより、外界からの刺激をシャットダウンするのです。具体的には、肌の表面である表皮で守るのです。もちろん、肌が荒れていると、表皮から真皮、皮下組織と刺激が入り込んでしまう原因となりますので、身体に影響することも分かるはずです。

このことから、表皮のバリア機能が正常に動いていると身体は正常に働き、正常に成長していけるのです。表皮の肌の触れる部分が、皮脂膜があり、内部に角質層が続きます。バリア機能がうまく働いていないと、ここから入り込んでくることになるのです。それでは、今回の目的でもあるバリア機能を充実させ、アトピーのケアが出来るように、皆さんが生活を有意義に過ごせるように道しるべをお伝えしていきます。なお、バリア機能が充実したから、解決という訳ではないのです。排気ガスのように環境が悪化すると自然とバリア機能は崩壊することは心に留めておいて欲しいです。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén